高齢者肺炎球菌ワクチン接種のお知らせ

平成26年10月1日より、高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンの定期接種が始まっています。

2022(令和4)年度(2022年4月1日から2023年3月31日まで)は1もしくは2の方が定期接種の対象です。

2022(令和4)年度に 生年月日
65歳となる方 昭和32年4月2日生 ~ 昭和33年4月1日生
70歳となる方 昭和27年4月2日生 ~ 昭和28年4月1日生
75歳となる方 昭和22年4月2日生 ~ 昭和23年4月1日生
80歳となる方 昭和17年4月2日生 ~ 昭和18年4月1日生
85歳となる方 昭和12年4月2日生 ~ 昭和13年4月1日生
90歳となる方 昭和 7年4月2日生 ~ 昭和 8年4月1日生
95歳となる方 昭和   2年4月2日生 ~ 昭和  3年4月1日生
100歳となる方 大正11年4月2日生 ~ 大正12年4月1日生

対象者2

60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方

Q1.肺炎球菌感染症とはどんな病気ですか?

A1.肺炎球菌感染症とは、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は、主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

Q2.高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンの定期接種は何歳で受けられますか?

A2.2023年度までは、該当する年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方と、60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方は定期接種の対象となります。
さらに、2019年度においては、2018年度末に100歳以上の方は定期接種の対象となります。
但し、すでに「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」を接種したことがある方は、対象とはなりません

Q3.過去に肺炎になったり、肺炎球菌感染症にかかったりしたことがあるのですが、定期接種の対象者になりますか?

A3.肺炎の原因は様々な原因でおこり、また肺炎球菌には多くの血清型がありますので、過去に肺炎や肺炎球菌感染症にかかっていても、定期接種の対象になります。

出典:厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/haienkyukin/index_1.html

出典:大阪市
https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000371486.html

高齢者肺炎球菌ワクチン接種