理事長ご挨拶

医療法人財団厚生会 高津病院

理事長 川井 秀一

Free HTML5 Bootstrap Template

高津病院も開設104年となりました。病院の建物は歴史と共に老朽化してきましたので、この度新病院を作りました。

はじめは移転も考えましたが地域医療に根付いた病院として、何とか同じ場所で運営することができました。

その新病院の1期工事が完成し、2018年9月25日(火)より診療を開始いたします。なお、2期工事は旧病院を取り壊し、北側に4階建てを増築します。 2期工事の完成予定は 2019年11月頃です。

診療内容は、これまで通り一般内科および専門内科(腎・糖尿病内科、呼吸器内科、循環器内科)、一般外科、消化器外科、血管外科、整形外科を中心にしておりますが、血管の病気に対しても、静脈の病気(下肢静脈瘤、血栓症など)のみならず動脈の病気(閉塞性動脈硬化症、動脈血栓症、動脈瘤など)にも力をいれていきます。 救急医療もできる限り対応していきます。リハビリテーション科もあり、リハビリ室も広くなり、新しい設備も導入します。 元気に生活していくためにも、是非とも受けていただきたいと思います。 また、新しい取り組みとして皮膚科専門外来、整形外科手術も行っていきます。

ご不明な点等ございましたら、遠慮なく職員にお尋ねください。

院長ご挨拶

医療法人財団厚生会 高津病院

院長 佐々木 康之

Free HTML5 Bootstrap Template

このたび平成31年4月より、医療法人財団厚生会高津病院の院長に就任いたしました。

私は昭和61年に医師となり、国立病院機構大阪医療センター、大阪市立大学付属病院、大阪市立総合医療センター等の病院で33年間心臓血管外科医として勤務してまいりました。

高津病院は上道哲元院長の時代より、重症の血管疾患(閉塞性動脈硬化症、ビュルガー病、下肢静脈瘤等)の診療に力を注いでおり、川井秀一理事長と力をあわわせて、これまでの血管疾患を中心に、さらに消化器、呼吸器疾患等の治療に全力で取り組んでまいります。

また、高津病院は大正時代に設立され創立104年の歴史のある病院で、大阪市中央区を中心とし、周辺地域と密接に連携した地域医療の基幹病院としての役割を担ってきました。

今後も地域の診療所・クリニックと密に病診連携をはかり、地域医療に対する貢献を行ってまいります。

さらに、現在の高齢化社会では、地域包括ケアシステムの推進が重要であり、当院でも急性期・高度急性期病院との積極的な連携にも取り組んでまいります。